水に濡れた時の対処法!

紙などの素材は一度水に濡れてしまうと、乾かしてもシワシワになってしまいます。
もう元の綺麗な形に戻す事は不可能と言っても過言ではありません。
では革財布などにも使われる革の素材は一体どうなるのでしょうか?

革財布を見ていると感じる事ですが、とてもなめらかな印象があります。
これは元々革に含まれている油分があるからこそ、なめらかさが出ているのです。
この革製品本来のなめらかな印象が私はとても好きです。
しかし水に濡れてしまうと、その油分は抜けてしまいます。
油分が抜けた革製品はゴワゴワになってしまったり、シミになってしまいます。
特に革素材の中でもヌメ革は水に弱く、シミになりやすい為注意が必要です。

では水に濡れてしまった革財布はもう駄目なのかと言うと、そんな事はありません!
出来るだけ水に濡れないようにする事は大切ですが、突然の雨などで濡れてしまう場合もあります。
水に濡れてしまった場合は、それに対するケアを行います。

まず濡れてしまった場所を乾いた布で拭き取ります。
力一杯こすってしまうと傷が付いてしまう為、私はこの時グッと抑えるように拭き取るようにしています。
一部分が濡れてしまっている場合は、拭き取るだけで構いません。
ですが革全体が濡れている場合は、乾いたタオルや新聞紙などを詰めて型崩れを予防する事も大切です。

ある程度濡れた部分を拭き取った後は、必ず湿気が抜けるまで陰干しを行います。
完全に濡れた部分が乾いたと思っていても、意外と湿気は残っています。
湿気はカビの原因にもなる為、陰干しは必ず行った方が良いと思います。
陰干しを行う時は、必ず直射日光を避けるようにしましょう。

陰干しをした後は、水に濡れた事で失われた革の油分を補給します。
保革油などを塗る事で油分の補給になるので、革財布のケアには必須アイテムになります。
紙などの素材と違って一度濡れてしまえば使えなくなるなんて事はありません。
水に濡れた時は速やかにケアを行う事で、また元の大切な革財布に戻ってくれます。

またシミになりやすいヌメ革などもケア方法があります。
一部だけが濡れてしまった場合には、そこだけがシミになる特徴があります。
一度出来たシミを完全に取り除く事は残念ながら出来ません。
しかしわずかに湿らせた布などで全体を拭き、その後に陰干しをするとシミを目立たなくする事が可能になります。
『シミを消す』と言うよりも『シミを隠す』と言う感覚で行うと良いのではないでしょうか。