メンテナンス用品を紹介!

革財布のお手入れを始めよう!と考えたものの、何も無い状態では中々難しい物です。
私も初めて革財布のお手入れをした時は、何も無い状態でした。
用意出来る物と言えば乾拭きをする為の柔らかい布くらいです。
しかし本格的なお手入れをして行きたいと考えた時に、いくつかメンテナンス用品を購入する事にしました。

革製品専用のメンテナンス用品はたくさんあり、どれから買えば良いのかと始めは迷ってしまうと思います。
ですが必要最低限のメンテナンス用品さえあれば、簡単にお手入れする事が出来ます。
私がいつも利用する革財布に必要なメンテナンス用品をいくつか紹介したいと思います。

まずはちょっとした日々のお手入れに利用する『革ブラシ』です。
革ブラシは革製品ケアの基本アイテムとも言われています。
ほとんどのブラシは馬の尻尾が使われている為、柔らかい素材になります。
革ブラシは汚れやホコリを落とす為には、とても重要なアイテムです!
クリームなどでケアをする前に革ブラシで汚れを取らなければ、汚れ自体をコーティングしてしまう事になります。
お手入れを始める際に一つあると、とても役立つケア用品ではないでしょうか。

その他にも私は『革専用クリーナー』などもよく利用します。
革専用クリーナーは、名前の通り汚れを取る為のアイテムです。
シミや汚れが目立つ場所に使う事で、汚れを落としシミを目立たなくする事が出来ます。
また汚れを落とす効果だけでは無く、革にツヤを出したり保護をする効果もあります。
革専用クリーナーの種類によっては、防水加工効果のある物もある為一つあると便利なメンテナンス用品ではないでしょうか。

しかし革専用クリーナーの弱点は、起毛タイプの革に使用する事が出来ない事です。
また革によっては作用が強い為、必ず目立ちにくい場所でパッチテストを行う必要があります。
私も一度その事を知らずに使ってしまい、後悔をしました。
では革専用クリーナーを使う事が出来ない革財布は、ケアが不可能かのかと言うとそんな事はありません。
革専用クリーナーを使う事の出来ないデリケートな素材には『革専用消しゴム』を利用します。

革専用消しゴムとは、消しゴムタイプの革専用クリーナーです。
ほとんどの革に対応している為、ちょっとしたお手入れにはとても役立ちます!
また消しゴムのように小さくコンパクトな為、私はいつも鞄に入れて持ち歩くようにしています。
黒ずみなどの汚れも落としてくれる為、気になった時に簡単にお手入れを行う事が出来る嬉しいメンテナンス用品だと思いますね。